配偶者の財産の差押え

 今回はロシアの家族法(Семейный кодекс РФ)に関する条文のうち、配偶者の財産の差押えに関して規定をした同法45条を紹介したいと思います。

債務者自身の義務履行と差押え

 同条1項には「По обязательствам одного из супругов взыскание может быть обращено лишь на имущество этого супруга. При недостаточности этого имущества кредитор вправе требовать выдела доли супруга-должника, которая причиталась бы супругу-должнику при разделе общего имущества супругов, для обращения на нее взыскания.」と規定しています。
 つまり、債務者が自身の義務を履行するに際しては、当該債務者の財産のみが差押え対象となります。 もし、当該債務者の財産が義務履行には足りない場合には、債権者は、その債権を充足させるために、債務者の配偶者の財産のうち、財産分与があった場合を仮定して、債務者が得るであろう持分についても差押えをする権利を有します。

債務者および配偶者の義務履行と差押え

 同条2項には、「Взыскание обращается на общее имущество супругов по общим обязательствам супругов, а также по обязательствам одного из супругов, если судом установлено, что все, полученное по обязательствам одним из супругов, было использовано на нужды семьи. При недостаточности этого имущества супруги несут по указанным обязательствам солидарную ответственность имуществом каждого из них.」と規定しています。
 つまり、債務者・配偶者の共通の財産に対する差押えは、債務者・配偶者間に共通する義務履行に関連するときに行うことができます。また、たとえ債務者の一人が負う義務であっても、裁判により、その義務が家族のために負った義務であると判断された場合には、債務者・配偶者の共通の財産に対する差押えを行うことが可能となります。なお、債務者・配偶者の共通の財産が義務履行に不十分な場合、債務者・配偶者はそれぞれの自身の個別の財産が残債務の履行として、連帯債務ということで差押え対象となります。

家族法45条2項と関連する判例

 上記条項に関連した事案として、ある男性が婚姻中に負った債務について、かかる債務は家族のために負った債務であると主張し、離婚後、元妻に対して、一部の債務を元妻が負担するよう求めた事案(ВЕРХОВНЫЙ СУД РОССИЙСКОЙ ФЕДЕРАЦИИ ОПРЕДЕЛЕНИЕ от 6 июня 2017 г. N 4-КГ17-28)があります。
 この事案では、この男性が負った債務が家族のために負った債務であるかという点について、男性側の立証が不十分であるとして、男性の請求は棄却されました。

参考

!http://www.consultant.ru/document/cons_doc_LAW_8982/0ea368c128d5b1aa6845901bacaf6810137469a6/
!http://www.consultant.ru/cons/cgi/online.cgi?req=doc&ts=1447699135024800740615134575&cacheid=019FDD89F7AA204EE5226667361545BF&mode=splus&base=ARB&n=503339&rnd=0.33298855238237146#25ur21a32s3