弁護士 オリガ・ベロスルドヴァ

初めまして。日本の法曹資格を取得し、弁護士として働いているオリガベロスルドヴァ(OLGA BELOSLUDOVA, Ольга Белослудова)と申します。
慶応大学・東京大学で法律を学び、ロシア出身者(ロシア人、ロシア国籍保有者)で初めて予備試験と新司法試験に合格しました。

現在は、大手外資系法律事務所であるポール・ヘイスティングスに在籍し、企業法務を担当しています。

このウェブサイトでは、弁護士個人としての事件のご依頼を受け付けています
クロスボーダーの企業案件から国内の個人案件まで対応いたしますので、お気軽にご相談ください。
ご相談・ご依頼は、お問い合わせフォームからお願いします。

弁護士会からの依頼により、これまで数多くの通訳(日本語・英語・ロシア語)を実施しております。ロシア語・日本語・英語の通訳多言語対応のセミナー等のご依頼についても、お問い合わせください。

経歴

出身地:ロシア ノヴォシビルスク(シベリア)

2017年3月 慶應義塾大学法学部 卒業(三木先生(民事訴訟法)ゼミ)
2017年4月 東京大学法学政治学研究科 入学

2017年11月 司法試験予備試験合格(ロシア出身者初)
2018年9月 新司法試験合格(ロシア出身者初)

2017年11月〜 株式会社法学館(伊藤塾)で勤務。数百人の学生を指導するとともに、改正民法に対応した書籍を編纂
2018年11月〜2019年12月 最高裁判所司法研修所で司法修習
2019年10月 ILO(国際労働機関)インターン

2019年12月 弁護士登録(第二東京弁護士会、登録番号59323)
2019年12月 ポールヘイスティングス法律事務所(Paul Hastings LLP)入所

得意分野

M&A・コーポレート、契約交渉、労働法、情報法(ICT、電波法等)、民事(不法行為・契約)

対応言語

  • 日本語(ネイティブ)
  • 英語(ネイティブ)
  • ロシア語(ネイティブ)

ご相談・ご依頼

ご連絡を頂いた後の流れ

① お送り頂いたご連絡先に、折返し連絡をさせて頂きます。
 お客様及び相手方についての詳細な情報について伺います。

② 当方にて、お客様から頂いた情報をもとに、「利益相反に関する確認」を行います。
(弁護士法及び弁護士職務基本規程に基づき、受任前に行うことが必要です。1週間程度かかる場合がございます)

③ 利益相反に関する確認(コンフリクトチェック)の結果について、お客様に再びご連絡いたします。
 その際、対面でお会いする日程について調整いたします。

④ 調整した日時に、指定の場所(法律事務所・事業所・会議室等、適宜調整)で直接お会いし、委任契約書を作成します。
 その後は、委任契約に基づき、弁護士としての職務を遂行します。

備考

1.お問い合わせフォームではSSL暗号通信を利用しており、安全に情報を送ることができます。詳細な話を伺う前に「利益相反に関する確認」が必要なため、ご相談頂いても受任できない場合がございます。お送り頂いた情報の取扱いは、プライバシーポリシーに基づきます。

2.個人受任は、所属するポールヘイスティングス法律事務所から許可を頂いて行っておりますが、ご相談・ご依頼は、オリガ・ベロスルドヴァ個人宛てのものとなります。ポールヘイスティングス法律事務所に対するものではありません。お送り頂いた内容は、ポールヘイスティングス法律事務所から完全に遮断されています。ご相談内容を、断りなくポールヘイスティングス法律事務所に伝達することもありません。

3.作業量が多くなると見込まれる案件の場合、お客様にご相談の上、ポールヘイスティングス法律事務所として受任させて頂く場合もございます。

4.お客様の間の公平確保のため、ご依頼に関する報酬は、ポールヘイスティングス法律事務所の定める、私の報酬基準に基づきます。