ロシアにおける広告規制の対象(広告の定義)

 前回は、ロシアにおける広告規制について規定をしている法律である、ロシア連邦の広告規制に関する法律(Федерального закона “О рекламе”)の18条が電子的方法による広告に関する規制を規定していることを紹介しました。

 もっとも、この条文で規定されている「広告」とは何なのでしょうか。今回は、規制対象となる「広告」とは何かという点をご紹介したいと思います。

  ロシア連邦の広告規制に関する法律の第3条1号によると、広告(реклама)とは、「информация, распространенная любым способом, в любой форме и с использованием любых средств, адресованная неопределенному кругу лиц и направленная на привлечение внимания к объекту рекламирования, формирование или поддержание интереса к нему и его продвижение на рынке」と規定されています。

 つまり、広告とは、不特定多数の者に対して、広告をした対象物への関心を集め、その対象物に対する興味の形成・維持させ、その対象物の市場での売れ行きへの関心を高める目的で、あらゆる手段、形態、方法での情報提供することを指します。

 そのうえで、同条4号には、さらに不適切な広告(ненадлежащая реклама)も定義されており、その定義は「реклама, не соответствующая требованиям законодательства Российской Федерации」と規定されています。

 つまり、不適切な広告とは、ロシア連邦の法律に規定されている要件を満たない広告を指します。

参考

!http://www.consultant.ru/document/cons_doc_LAW_58968/4f41fe599ce341751e4e34dc50a4b676674c1416/