賃貸借とコロナの影響

 今回は、ロシアの経済発展省(Минэкономразвития России)が、2020年5月6日付で発表した賃貸借契約に関連する情報(ИНФОРМАЦИЯ от 6 мая 2020 года Минэкономразвития предлагает не применять штрафы к арендаторам за досрочное расторжение договора)を紹介したいと思います。

早期解約と違約金の支払

 まず、2020年5月6日付で、ロシアの経済発展省(Минэкономразвития России)が発表した情報によると、賃借人が賃貸借契約を早期解約する場合、賃貸借契約に直接の規定が存在しない限り、違約金の支払が不要となる取扱いを提案をしています。

賃料の支払の繰越し

 そのうえで「Они касаются переноса уплаты арендных платежей по государственному, муниципальному и частному имуществу в условиях распространения коронавирусной инфекции.」と示されており、コロナウィルス感染の拡大を受けて、州や地方自治体の財産、さらに私有財産に対する賃料の支払に関しても配慮がなされる方向性が検討されていることが明らかとなりました。
 賃料の支払に関する具体的な配慮方針は以下のように示されました。
 「”В Росимущество уже пришло 650 обращений на пролонгацию платежей.…(略)”, – отметил министр. В настоящее время Правительство взяло на себя функции регулятора по отсрочкам объектов частной собственности и наделило арендатора правом требовать отсрочки платежей в полном объеме на срок карантина, и наполовину – до 1 октября.」
 つまり、ロシアの経済発展省に対しては既に650件もの賃料支払の延長申出に関する相談がされていることがわかります。そこで、現在、政府は私有財産の賃貸借において、賃借人が賃料の支払を外出自粛期間中は全額、繰越すことが可能となる権利、外出自粛期間終了後から2020年10月1日までは賃料の半額の支払を繰越すことが可能となる権利が与えられることが検討されていることが明らかとなりました。

参考

!http://www.consultant.ru/law/hotdocs/62161.html